小規模学習塾に対してロボット学習と小中学校プログラミングの教材を提供して、サポートします。将来に向けてIT・Ai技能の基本をみいつけた生徒を養成します。
オンライン教材は実うレベルを段階的にやさしくしたものです。後には命令後を増やすことによって、早く実務プログラミングに入ることが可能になります。
言語は Java Script・Python・PHP ですが、Scratich にも指導内容に入っています。
この学習は生徒は終了まで無料ですから近隣差別化として強力なものとなります。
特に初期の生徒集客にロボット講習を活用することで、ネット上での状況でもたいへん良好な生徒集めが伺われます。

南寿年も前ですが、学校教育にプログラミングを取り入れようとする動きがありました。理数系の先生がプログラミング講習に行かされたのですが、考え方が違うためかなりの苦戦をしたと聞きました。
今度は文部科学省の大号令ですから、そんなことを言っていられないでしょう。

しかし生徒は頭が柔軟で心配ないとも言えるし、落ちこぼれが続出とも考えられます。しんぱいなのはおは阿hさん方でしょう。
後者の場合、無料でプログラミングを学習できる塾があるとなれが、ご父兄の関心は高まると考えています。

すでにテストで購入したロボットカー

このアメリカ製ロボットカーは小学生が学校の授業でならうプログラミング言語のScratch で動きます。さらに人工知能を構築する言語であるPython でも作動します。会社開発の固有の簡易言語で動くロボットは避けました。
もtもと活動のスタートは小規模ガクシュ塾の生徒集客支援です。
①ロボットカー5台。
②低額遠洋中国ロボット3台。
をセットにして、ロボット&プログラミングセミナーを学習塾の地域で開くことができます。ネット上でのロボットセミナーの宣伝および盛況は生徒集客に大きな効果があると考えられます。
つづいてはプログラミングも一般の勉強も共にたいせつであることをアピールして、学習儒へとつないでいただければと思います。

他にない差別化は、プログラミング言語は
①すでに制作のJava Script。
②間もなく完成のPython。
③概要理解とさらに学習中のPHP。
をオンライン教材化して、学年が進んで退塾となっても学習を受けることができます。また疑問点は質問回答ネットワークにて解決が望めます。

パイソンが学べるロボットカー
楽しいと子供は集まって来ます

このようなイメージで、地域の子供たちの夢と興味を湧かせて、勉学のたいせさへと導きます。